FC2ブログ
2020年08月/ 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2007年04月11日(水)

どんどこバトン

まず私信
八重さん例のブツは送っておきましたよ!(←そういうのは普通文末でやるんじゃ・・・)

ということで八重さんからいただいたバトンやろうと思う
そういえば3月更新してないっすね

【More・・・】

「物書きに捧ぐ質問攻めバトン」

そういえば私物書きだったんですね☆

1.名前を教えてください
 如月里琉というのが創作上のPNです。でもまぁ古くから使ってるHN「さと」でいいですよ。フレンドリーを求める方に推奨呼称はご自由に

2.主にどんな話を書きますか?
 ネ タ で す が 何 か ?←言い切りやがったこいつ

あ、そーいうことを聞いてるんじゃないんですね(;・∀・)
主に現代ファンタジーとかいうやつです時代軸は現代なはずのに魔法とか獣耳とかエルフ耳とかが出てきます。


3.ものを書き始めたのはいつですか?
 小学校の頃から作文は好きでした。オリジナル色が出てきたのは中学校入って文芸部に入部してからですね。

4.同時並行で何本くらいかけますか?
 ひとまずメイン連載で現在展開中の「さとうがしのいえ」と今月から毎年冬に連載しようと企画中の「サンタクロース物語(仮)」がありますが、まぁ、どっちかが進めはどっちかは止まりますね(爆) 

5.長編と短編、どっちが好きですか?
 長編かなぁ~。遺作はみんな長編ばっかだ。

6.今ちなみに何本書いてますか?
 1.5本
 サンタクロース物語は登場人物設定しか創作SNSで公開してないしw

7.今までで最大何ページ書きましたか?
 ルーズリーフ表裏まんべんなく使って10枚くらい?
熱い兄弟愛を書いたHP作成当初に置いてた。今は現案すら残ってない。
要望があればリメイクしようかと

8.使いまわしたいくらい好きなキャラは居ますか?
 さとうがしとサンタ物語の登場人物のほとんどが某企画で出てきたキャラの昇華ですが何か?(←ちょwww)

いつか両作品人気キャラをシャッフルしてパラレル的な話ができればいいかなと

9.出来ればシリーズにしたい、という話はありますか?(出来ればタイトルも)
 サンタクロース物語はシリーズですよ(笑)

10.消し去りたい、という話はありますか?
 自分の歴史という作品の過去の部分(笑)
 八重さんの回答見て自分はこれで逃げようと思いましたw


11.物書き中、これだけははずせないということやものはありますか?
 ノリと愛ですかねぇ

12.この人の影響を受けた、という物書きは居ますか?
 ないかなぁ。実用書(レシピ集・心理学系の本)とマンガ本しか読まないから(もの書きがそんなんでいいのか?)

 しいていうなら八重さんの書く文章はちょっとお手本にしたいと思う
(志高っ!!)

13.こんな文が書きたい、という理想はありますか?
 人をひきつけるような文章が書けるといいかなと思います。


14.一番最初に書いた作品、さらせますか?
 あぁ、過去の遺作は闇に葬りましたよ(爽笑)
 ちなみに最初の作品は、大学ノートに書いた詩集です。
はい、もともとは詩を書く人だったんですね(遠い目)

15.次回作の構想はもうありますか?
 あえていうならサンタクロース物語、主人公がサンタクロースの修行を積むためにサンタの国に行く所から始まります。

16.創作派? 二次創作派?
 文章はほぼ創作ですね。

17.(16について)何故そっちなのですか?
 んー。他の作品の世界観を私が文章を書くことによってぶち壊したら嫌じゃないですか?

18.盗作についてどう思います?
 うーん。多少なりとも文章については同じ世界観言い回し出てくると思うんですよねー。そんなこといちいち気にしてたら何も書けなくなっちゃう気がします。まぁ、モロパクリとかは当然ご法度ですわな。

19.これからも物書きであり続けますか?
 ですねー。その前に私はネタ師ですけどね(まだ言うか)

20.物書き五人にまわしてください。
 ……ごろごろしていいですか(ちょwwwww)
23:39  |  バトンシリーズ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://spispars.blog4.fc2.com/tb.php/330-4ba1d9ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |