FC2ブログ
2020年08月/ 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2007年07月16日(月)

エリック×リカルド

八重さんのところから二股バトンを強奪しました

それではいってみましょう。

【More・・・】

【二股バトン】
※あなたの大好きな二人を当てはめて答えてね♪

【エリック】VS【リカルド】指定で答えてみる。
さとうがしが学園物だったら…なノリですねwww

■辞書を忘れて来ちゃった!!【エリック】VS【リカルド】どっちに借りる?
リカちゃんの方が辞書とかちゃんと持ってそうなのでリカちゃんに借ります。

■宿題やって来てない!!【エリック】VS【リカルド】どっちに写させてもらう?
エリックは語学系が得意で、リカちゃんはおそらく理数系なのでその教科に応じて使い分ける(うはwww)

■週末に【エリック】VS【リカルド】からデートのお誘い。どっちに行く?
ん、んんーその時の気分で
エリックだったら遊園地とか賑やかなところに連れてってくれそう。
リカちゃんは公園とか川原とかなんかこうまったりできるところに連れてってくれそうです。

■ぎゅってして貰うなら【エリック】VS【リカルド】どっち?
リカちゃん!!なんかありがたみが違うと思う。

■耳元で愛を囁いてもらうなら【エリック】VS【リカルド】どっち?
同理由でリカちゃん!エリックだとありがたみが・・・

■【エリック】VS【リカルド】どっちに本命チョコをあげる?
パティシエチャンプにチョコを渡すなんてそんな大逸れたことできない(((( ;゚д゚)))
消去法でリカちゃんw
エリックには、お菓子以外のものをあげるよ。

■結婚するなら【エリック】VS【リカルド】
これはエリックかな?毎日が楽しいだろうね。浮気さえ右から左に受け流せればまっ、結果は玉砕だろうけど

■結局どっちが好きなのさ?
質問にはリカルド寄りな回答が多いけど、エリックも大好きです(照)

■板挟みで悩ませたいあの人に回して!
蒼さんに アイリスさんと時音さんで

よろしくお願いします。

21:20  |  バトンシリーズ  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●コメントありがとうございます

>時田師匠
回答楽しみに待ってます♪
小夏先生の質問は、アーク君指定でメールで送っておきましたよ。そちらの方もよろしくです。(確か被ってるような、、)

>てくのさん
ちなみに小夏先生推奨の拷問の方法はドラマの「相棒」の昨年(だったかな?)のお正月特番でやってたネタです。
小夏先生が連想してた拷問のリンク先はネットで調べたました。

イラストとかきっと拷問されてない状態だったらもっとかわいいんだろうななんかもったいない気がします(;・∀・)

ワタシハゴウモンヤッテナイヨ
じゃぁSMや言葉責めが好きかとか言われるとソウデモナイヨ

何は、ともあれダグラス君が喜んでいただける回答ができたので何よりです。
さと | 2007.07.19(木) 08:28 | URL | コメント編集

●素晴らしい…!

すばらしい回答をありがとうございました(ニコニコ
って、ダグラスじゃなくても言いたくなるような素敵な回答をありがとうございました!
拷問とか言葉責めとかえすえむとかどんだけ変質的な質問なんだよ!って感じですが、乗ってくださってありがたいかぎりです。
先生素敵で無敵すぐる…!!
ダグラス大喜びネギガクガクブルブルです。リンク先のサイトは絵が可愛くてエロくて良いですね(ニヤニヤ
ネギ栽培も良いと思います!
てくの | 2007.07.18(水) 15:51 | URL | コメント編集

●OKです☆

 リカちゃんとエリックで、と見た時、ヴィクターとアークで回ってきたりして…とか思ってたらそうなってました(笑) 素敵な事になりそうです、色々な意味で究極の選択。 選ぶ奴もSなら、選ばれる奴もS…、どちらにどう転がっても大変な事に(大笑) 楽しんで答えさせてイタダキマス☆

 てか、小夏センセに弄られてみたいデス(笑←マテ) もしお好きなキャラが居ましたら、是非、キャラ被ってても(笑)
時田由璃 | 2007.07.16(月) 23:58 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://spispars.blog4.fc2.com/tb.php/343-f1a56579
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |