FC2ブログ
2020年08月/ 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2008年07月25日(金)

エリック執事

Buzzing-Areaにエリックを投下しておきました。ついでにサンタクロースの方の人気投票もやってますんで、お暇があれば、向かって左側のサイドバーのリンクから飛べるので、どうぞよしなに…。

そんで、心の友寿々さんからかっさらってきた
専属執事バトンに回答してみる。

例によってキャラクターが答えてますので苦手な方はごーするーで

【More・・・】

執事:エリック・アドバーク

「え?執事すんの?あーレイラのとこにいたこ洒落たおじさんがそうなの?
じゃぁ、ちょっと頑張ってみるわ。」

・朝目覚めると【エリック執事】が耳元で起こしてくれました。
「おはよー
今日はよく眠れたかい?
朝食の準備はできてるよ。もちろん美味しい俺お手製のスィーツつきさっ!!
さ、起きてごらん(耳元に息を吹きかける)
ふふっびっくりして目が覚めただろ?」


・【エリック執事】が着替えを手伝ってくれるそうです。
「お手伝いしましょうか?お嬢様、そらー手取り、足取り、腰取りお手伝い致しますよ~♪
え?必要ない?そりゃ残念……。おっと今のは失言撤回ね。OKおーけー、部屋の外にてお待ちしてます故お待ち申しております。」


・今日は【エリック執事】と買い物。どちらまで行きますか?
「どこへ行かれますか?お嬢様?何なりとお申し付けください。お嬢様の望むままにお供いたします…。」


・道端でこけそうになりましたが、【エリック執事】が受け止めてくれました。
「おっと、危ない!!んもうーおっちょこちょいさんめー(軽く頭をデコピン)怪我はないかい?
そう、それは良かった。家に帰ったらしっかり手当てしておきましょうね。」



・家に戻ると、【エリック執事】と夕食の準備をすることになりました。
貴女の好きなメニューだそうです。
「料理はまぁ、普通のものしかできないけど、デザートは最高のものをお作りしますから、楽しみに待っててくだないな。」


・包丁で指を切った!!と思ったら【エリック執事】が舐めてくれています。
「んー。おっちょこちょいさんめー。そんなこともあろうかとカットバン持ってきたから巻いてあげるよー。」


・無事に出来た夕食。【エリック執事】が食べさせてくれるそうです。
「はい、あーんして…。あちゃークリームがついちゃったみたいだね(クリームを舐めて拭う)ふふっ実は俺もちょっと食べてみたかったんだよね♪」


・就寝前に【エリック執事】が貴女と一緒に居てくれるそうです。
何をしますか?
「何がいいかな?お嬢様にお任せ致しますよ。それはもうゲームから子守唄から夜伽まで…」


・【エリック執事】が一緒に寝てくれるそうです。
「ふふっ甘ったれさんだなー(頭をなでなでする)
このことはレイラには内緒で頼むよ♪」


・寝たふりをしていると【エリック執事】からの囁きが……
何と言っていましたか?
「今日も、お疲れ様でしたお嬢様。よい夢が見られますように…おやすみなさい。」

なんかしっかり抑えるとこは抑えてるんだけどところどころエリックの軽さが滲み出てしまっていますが(笑)レイラさん曰く「うちの執事はこんなおちゃらけた人じゃないです」だそうです(ちょwww)

・最後にこのバトンを廻すお嬢様と執事のご指定を。
寿々お嬢様に救執事で
奏お嬢様に城島執j・・・・


いや、むしろ執事項目を「メイド」に変えみちゅきメイドがみt(殴

むしろ求君メイドも見てm(ヤメロ

テーマ : バトン - ジャンル : 日記

11:39  |  バトンシリーズ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://spispars.blog4.fc2.com/tb.php/392-cbba490c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |