2018年05月/ 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009年03月23日(月)

【こんな日常バトン】

寿々さんの所でじじばばカップルと翔さんとアレン君(+お姉さん)の指定をしていただいたのでやってみる(`・ω・´)

なりきり要素含まれますので苦手な方はゴースルー

【More・・・】

【こんな日常バトン】 

ある二人の同棲(同居)生活を想像(妄想)してください。
指定する二人はどんな組合せでも関係でも構いません。
恋人・友達・兄弟などなど同性・異性なんでもありです。
自分と誰かでも構いません。
二人の会話・行動などを答えてください。

指定:「アレン・ゴットフィール」と「澤田翔

1:朝、目覚ましのアラーム音が鳴り響いています。
ア:「翔さん朝っすよ!!起きるっす!!(身体をゆする)」
翔:「……(全く起きる様子がない)」
ア:「………こっ、ここはやっぱり王子様のチューで起こすべきっすかね…(ゴクリと唾を飲む)」
(どこからともなくスリッパが飛んできてアレンの頭に直撃)
ア:「ぐっはぁ…(そのまま気絶)」
翔:「すぅすぅ…(一連のやりとりには一切気付かずに眠っている」

2:しばらくすると、キッチンの方から食欲を誘う匂いがしてきました。
翔:「……むにゅむにゅ…(まだ少し眠そうに目をこする)おはようございます。アレン君」
ア:「おはようっす!!パンは焼いておいたっす。昨日の残りのスープも温っめておいたっすよ!!」
翔:「ふみゅ~。アレン君いつもありがとうございます~」
ア:「……まぁちょっと凝った料理っていうのが一切できないのが心苦しいっすが……」
翔:「そっ、そんなことないですよ!!(激しく首を横に振る)いつも助かってます!!」

3:時計を見るともうこんな時間!慌てて着替え始めました。
ア:「翔さん!!もう家を出ないと遅刻するっす!!」
翔:「あわわわ…もうそんな時間ですか?急がなきゃ;;」

4:仕事に向かう二人。今日は別々の仕事です。
ア:「今日は翔さんは。なっちゃん先生のお手伝いっすか?」
翔:「はい♪アレン君は喫茶店のお仕事さんですよね」
ア:「途中までは一緒っすから…あの…その…手を…つ」
アレンの頭に吹き矢が刺さる
翔:「ア、アレン君大丈夫ですか;;;」

5:ようやく休憩。ふと携帯を見るとメールが1通。

……この世界の舞台ではパソコンは大きな組織や裕福な家にはあるが、携帯電話はまだ普及してない設定なのだが……そこは愛で乗り越えよう(`・ω・´)


-----------------------------------
Title : お疲れ様です♪
Message :
そろそろこちらの仕事も終わるので
そちらの方に行きますねvv
-----------------------------------

ア:「(大きな声で)いよっしゃーーーーーーー!!!俺、超頑張るっす!!」
エ:「え??じゃぁ、もう休憩上がって食器洗いよろしく☆俺今度休憩はいるからさっ!!」
ア:「えっ??」

6:仕事も終わり、いつもの待ち合わせ場所へ。
ア:「待たせてしまって申し訳ないっす!!」
翔:「大丈夫ですよ~。待ってる間レイラさんにエリックさんの新作ケーキをご馳走になってましたから。」
ア:「あぁ…あのケーキ美味かったっすね~俺も食ったっす!!」
翔:「エリックさんは素晴らしい人です(うっとり…)」
ア:「(翔の表情に少しがっかりしながらも慌てて首を横に振る)そうっすね!!隊長は俺達の自慢の隊長っすよね!!」
翔:「うふふ。そうですよね。」

7:家に到着。今夜は二人で夕飯作り。
翔:「今日は、クリームシチューを作りましょう」
ア:「俺は何をすればいいっすか?」
翔:「えっと…じゃぁ玉ねぎさんの皮をむいてあげてください~」
ア:「了解っす!!」


8:お腹いっぱいになって、そろそろお風呂。
ア:「風呂沸いたみたいっすね。翔さんお先にどうぞっす!!」
翔:「はい。今日は一緒に入ってみます?(クスクス微笑んで)」
ア:「もっ勿論一緒に入r……。」
ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ(クローゼットより邪悪なオーラが発生している)
ア:「やっ、やっぱり遠慮するっす(クローゼットに怯えながら)」
翔:「冗談ですよ。ふふふ。それじゃぁお先にお湯いただきますね…。」
ア:「……でも、考えようによっては翔さんの残り湯ってのも悪くないっすね…ハァハァ(妄想中)。」
クローゼットからエアガンの弾がアレンをかすめた
???:「チッはずしたか…。」
ア:「((((;゚Д゚)))ナンカイルアネテキナモノガ」

9:明日は二人揃ってのお休み。今夜は遅くまで…
翔:「(読書している)」
ア:「(黙々と木刀の手入れをしている)」
翔:「アレン君の傍に行ってもいいですか?」
ア:「えっ!?何っすかいきなり!?(思いっ切り動揺している)」
翔:「ダメですか?(寂しそうな顔をする)」
ア:「いや、ダメなことはないっすけど……翔さん…今クローゼットを開けてもらってもいいっすか?」
翔:「はい?(疑問に思いながらもクローゼットを開けるが特に変わった様子はない)何もないですよ?」
ア:「……なら大丈夫っす。傍にきても…」
翔:「……???変なアレン君ですね~。(アレンにいきなり後ろから抱きつく)えへへ~こうして人の体温に触れてるっていいですね。アレン君の身体すご~くあったかい…。ぬくぬくです」
ア:「(あぁ、翔さんの胸が俺の背中にぃ・・・!!いいコレは凄くいいシュチュエーションっす!!!)」


10:今日は長い夜になりそうです…
翔:「……でもこのままでは、アレン君の顔を見てお話できないですよね;;(アレンから離れる)」
ア:「そそそそそそ、そうっすね!!」
翔:「喉が渇いたので何か温かい飲み物持って来ます(いそいそとキッチンへ向かう)」
ア:「(俺…いつ死んでもいいっす!!本望っす!!)」

「な ら ば 望 み 通 り 殺 し て や ろ う か ?」

ア:「((((;゚Д゚)))空耳だ…空耳に違いねぇっす!!」

11:そろそろ夜が明けそうな時間です。眠気が襲ってきました。
ア:「……ちょ!!!!翔さんこんなとこで眠ったら風邪ひいちゃうっすよ!!!」
翔:「すぅすぅ」
ア:「はっ!!逆にコレはチャンスなのでは!?いやいやでも寝込みを襲うのはよくないっすよね…むむむむ~。」
翔:「……エリックさん……。」
ア:「(寂しそうにため息をつく)そうっすね…。寝室まで連れて行くのが一番っすよね…。」
翔:「エリックさん……ありがとうございます…。」
ア:「………」

12:眠りについてしばらく、ふと隣を見ると。
ア:「……翔さんはまだ隊長との幸せな夢でも見てるんですかねぇ…」
翔:「……ね…アレン…さい…?」
ア:「……!!!!翔さんの夢に俺も出てるんっすか!?」
翔:「…これ以上アレン君を虐めないでください…可愛そうです・・・・。」
ア:「(深いため息)もう俺も寝るっす…」


13:いい一日でしたか?妄想させたい人に回してください
今回はお姉さんのゴゴゴゴを減らしてみたwクローゼットに居ない時は押入れにいるんだw
そして外ではストーキングもとい妹を影ながら護衛してるのですw
じじばばカップル版は後で更新しよっと出るよきっとフンドシwwww


指定:「リカルド・ガーゴイド」と「秀平小夏

1:朝、目覚ましのアラーム音が鳴り響いています。
夏:「んん~!!よく寝たわ~。(窓を開けて外を眺める)」
(リカルドは既に起きており、外で乾布摩擦をしている)
夏:「うん☆今日もいつもと変わらない素敵な朝ねっ!!(大きく頷きながら)」

2:しばらくすると、キッチンの方から食欲を誘う匂いがしてきました。
リカ:「……もうそんな時間か…」
夏:「そーよ♪さっ、ご飯にしましょ。」
リカ:「あぁ」

3:時計を見るともうこんな時間!慌てて着替え始めました。
夏:「うわっ!!今日はちょっと珍しくのんびりしすぎちゃったかしら???」
リカ:「(いたって冷静に)いいんじゃないか?たまにはそんな日があっても…」

4:仕事に向かう二人。今日は別々の仕事です。
夏:「今日はリカちゃんは何して過ごすの喫茶も今日は非番よね?」
リカ:「今日は海まで行って魚を釣ってこようと思ってる」
夏:「大漁期待してるわよっ☆(ポンとリカルドの肩を叩く)」
リカ:「……あんまり期待はするな…」

5:ようやく休憩。ふと携帯を見るとメールが1通。

この世界観はメールの概念が…(以下略)

-----------------------------------
Title : やっほーリカちゃん♪
Message :
お魚さんは釣れたかしら(*´∀`)?
-----------------------------------

リカ:「余計なお世話だ…(実はまだ1匹も釣れてない)」


6:仕事も終わり、いつもの待ち合わせ場所へ。
夏:「お魚は釣れたのかしら?」
リカ:「あぁ、休憩した後にポイントを変えたのが良かったみたいでな。エリック達の分も獲れたぞ。」
夏:「(ポンと手を叩く)じゃぁ、今日は久々にリカちゃんの大好きな魚料理にしましょうね♪」
リカ:「もちろんそのつもりだ。」


7:家に到着。今夜は二人で夕飯作り。
夏:「今日は、魚料理だからリカちゃんメインで動いてね♪」
リカ:「了解。」


8:お腹いっぱいになって、そろそろお風呂。
夏:「うん。いい湯加減ねっ♪どう?今日は一緒に入る?」
リカ:「たまには、入るか。」
夏:「うふふ。楽しみね~♪」

9:明日は二人揃ってのお休み。今夜は遅くまで…
夏:「(医療研究の本を読んでいる)」
リカ:「(魔法についての論文を書いている)」
夏:「さて、根詰めすぎてもよくないわよね~ここらでちょっときりあげない?」
リカ:「あぁ、そうだな。茶をもらおうか…」
夏:「今用意してくるから待ってて♪」

10:今日は長い夜になりそうです…
リカ:「……『アレ』やらないか?」
夏:「ふふふ。リカちゃんも好きねぇ~(頭を撫でる)ちょっと着替えてくるvv」
リカ:「あぁ…」

そうです。この二人でこのシュチュエーションで「アレ」と言ったらフンドシとボンテージ祭りしかありません!!!祭りの内容はとてもじゃないけどお話できませんwww

11:そろそろ夜が明けそうな時間です。眠気が襲ってきました。
リカ:「……ふぅ一汗かいたら眠くなってきたな。」
夏:「そうね…あら、もうこんな時間なの??」
リカ:「そろそろ寝よう」
夏:「えぇ。」

12:眠りについてしばらく、ふと隣を見ると。
夏:「リカちゃんはいつ見ても寝つきがいいわよね~」
リカ:「……………(熟睡している)」
夏:「……とりあえずココは油性ペンで額に肉かしら?うふふ…」


13:いい一日でしたか?妄想させたい人に回してください
この二人会話の量が少ないのはそれだけお互いの事がよくわかってるってことですな。さすがじじばばカップルwwww

とりえあずごろごろーんしておきます。

テーマ : バトン - ジャンル : 日記

16:54  |  バトンシリーズ  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

同じ平仮名キャラだけど違いは

タイニスはアホの子
ライラは若干舌ったらず

ってことかしらライラさん頭はいいですよ。感じも使うし(笑)
さと | 2009.03.31(火) 09:33 | URL | コメント編集

明日会社でやるわー(スキを見つつ)←ちょw

タイニスとおなじだよねー。
さとうがし本編読んでて、タイニスの話してるとこ読むと
すごくなごんだわー。

さとのキャラってすごい魅力的だよね♪
特にシルベイラとかさー。
いやいやみんな大好きかも(*´艸`*)
アッキ~ | 2009.03.30(月) 22:43 | URL | コメント編集

ライラは人気高いな。ポイントは固有名詞がほとんどひらがなorかたかななんだ(笑)みかけクールな割にはノリがいいんだw
さと | 2009.03.30(月) 21:23 | URL | コメント編集

今見てきた!
おもしろそう!!

つーかライラ可愛すぎだろ…(*´д`*)ハァハァ
アッキ~ | 2009.03.30(月) 20:43 | URL | コメント編集

それがリカちゃんくおりてぃ
ついでにこんなバトンも回しておいたぞよ

http://spispa.jugem.jp/?eid=317
さと | 2009.03.30(月) 20:37 | URL | コメント編集

乾布摩擦わらたwwwwwさすがリカちゃんwww

バトンヌやったんぬ!
結構おもしろかったんぬ!

あと舞ちゃんかいたwさーせんwww
アッキ~ | 2009.03.29(日) 23:22 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://spispars.blog4.fc2.com/tb.php/452-ff8b4aff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。