2018年06月/ 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010年01月07日(木)

新年新境地に向かうバトン

top-g.png

前述の年賀状版をHP用にアレンジしてみた。いわゆる「全部のせ」というヤツだ。
乗ってない奴等も何人かいるけど気にしちゃだめだ。

明らかにアレンを描いてる途中で飽きた感が出てるとかも突っ込んじゃダメだ。
リカちゃんの足が異様に短いとか気にしちゃだめだ。


エリックのポーズがアレなのは仕様です問題ありません(ちょwww)

ということでバトン回答

【More・・・】

新境地作ってみた※注意!
場合によっては、キャラ崩壊・BL・GL等になる可能性があります。

まずは下の数字に名前を当てはめてください。

(1)秀平小夏
(2)エリック・アドバーク
(3)リカルド・ガーゴイド
(4)アレン・ゴッドフィール
(5)澤田舞&翔
(6)レイラ・ギャレット

では、レッツ新境地☆ミ

1.魔王(5:舞&翔)を倒すべく(1:小夏)と(3:リカルド)と(4:アレン)と(6:レイラ)が旅に出た。
舞「我らは魔王なり」
翔「魔王の前に置いて人間等塵と同じこと!!」

アレン「かっ勝てる気がしないっす」
レイラ「そうねぇ~。この2人は厄介だわ」
リカルド「心配ない。俺達には最終兵器小夏がいる」
ア「あー、なら安心っすね!!。」
レ「そうね。心強いわ~♪」
小夏「あらあら、私ってば頼りにされてるわね~。」

いきなりネタ吹いたwwww

でも、パーティバランス的には問題ないですね。アタッカーがアレンで回復がなっちゃん魔法使いリカちゃん。レイラさんはアイテム使いで!!



2.(2:エリック)が家出して(5:澤田舞&翔)の家に駆け込んだ。
エ「イエデシマシタ」
舞「ココモオナジイエダロ。イエデイワナイ」
翔「そーですねー。」

実質喫茶のメンバーはじじばばを除いて皆同じ屋根の下www

3.放課後、(4:アレン)が(2:エリック)に告白するのを影で「フラれろ!」と言わんばかりの顔で見ている(1:小夏)。

いや、むしろ1は面白がって見てると思います(ちょwwwww)

4.(6:レイラ)が部屋に入ると(3:リカルド)と(4:アレン)が大喧嘩していた。
リカ「なぜフンドシを装備しない!!」
ア「逆に聞くっすがなぜフンドシじゃなきゃダメなんっすか!?」
リカ「フンドシは漢の浪漫だろ!!」
ア「そんな浪漫なら俺はいらねぇっす!!」

レ「……と、いう夢を見ました。」
エ「リカちゃんなら言いかねないな」
リカ「失礼なっ!!俺は、自分の価値観を人に押し付けたりしないぞ!!」
レ・エ(漢の浪漫は否定しないんだ…)


5.(5:舞&翔)が部屋に入ると(2:エリック)と(6:レイラ)が(5:舞&翔)が苦手なジャンルのテレビを見ていた。
舞の場合
TV「助けてください!!」←セカチ●ー的な番組
♪ひーとみをとーじてきーみを想うよー そーれだーけでいいぃぃー
舞「(無表情だが目から滝の様に涙)……」
エ「チャンネルかえようか?」
レ「そっ、そうね…。」

翔の場合
翔「あうぅ…(バイオハザー●的なグロくて怖い番組だったらしい)」
レ「ねっ、エリック翔ちゃんも怖がってることだしチャンネル変えようねっね??」
エ「いや~二人の女の子を泣かせるって俺って罪な男?」
レ「いーじーわーるー」
翔「そうですよー罪な男ですよー」
エ「あー、もうはいはい可愛い子猫ちゃん達だなぁ~」


6.帰り道、(1:小夏)は公園で一人寂しくブランコに乗る(3:リカルド)を発見。なんだかときめく(1:小夏)。
小夏「リストラにでもあった?」
リカ「……そっとしておいてくれ……今の俺には突っ込む気力がない…」
小夏「………じゃぁ、隣のブランコ乗っていい?ほっとけないもの。今のリカちゃん……」
リカ「…あぁ……それは構わない。」

一人ブランコリカちゃん容易に想像ついたwwww

7.休日、(2:エリック)と(5舞&翔)が仲良く買い物。チラッとショーウィンドウを見ると、なぜか(4:アレン)がいた。
エ「お前いつから副業してたんだよ!!」
舞「金に困ってるのか?」
翔「おーい、アレンくーん。(手を振る)」
ア「今マネキンのバイト頼まれてやってるんっすよ!!動いちゃダメなんっす!!」
舞「まぁ、せいぜいがんばれ。翔のことは、私とエリックにまかせろ」
エ「ねー翔ちゃ~ん(肩に腕をまわす)」
舞「なぁ~翔」
翔「わ、わ二人とも急に抱きつかないでください!びっくりしたじゃないですかー」
ア「(止めたいところを必死で絶えている」
舞「動いちゃ駄目なんじゃないのか?」
エ「俺達はこのまま帰るけど、うらやましくなって動いたりすんなよ。」
翔「アレン君頑張ってくださいねー。」
ア「(…2人ともわかっててやってるっすね酷いっす!!)」

8.ウサギの着ぐるみを着てティッシュを配っている(6:レイラ)。
翔「今喫茶さとうがしのいえで新作ティーフレーバーの試飲会やってまーす是非きてくださいねぇ~。」
エ「熱くないか?その格好?大丈夫か?」
レ「(こくりとうなづく)」
リカ「で、なんで俺達男共がバニースーツなんだ」
エ「それは俺が聞きたい!!」



9.(3:リカルド)が散歩していると道端に「拾ってください」と書かれたダンボールを見つけた。中にはネコ耳の(1:小夏)とイヌ耳の(5:舞&翔)が入っていた。
小夏「にゃぅ~ん」
翔「くぅ~ん」
舞「……。」

無言で全員持ち帰ったリカちゃんであったwwww

10.ツンデレの(1:小夏)、ヤンデレの(4:アレン)、それを知らない(6レイラ)。
小夏「べっ、別に私はリカちゃんのこと好きなわけじゃないんだからね!!」
ア「思いが届かないならいっそ壊れてしまえばいいと…」
レ「ふっふたりともどうしちゃったんですか?」

アレン君がヤンデレってネタはやったけどなっちゃんがツンデレってのはないなwwww

キリがいいので今回はこの辺で。
最後に(3;リカルド)さん、一言お願いします。

リカ「こんなんだが今年もどうかひとつよろしくしてやってくれ」

ありがとうございました♪

意外とノーマルに落ち着いたなこのバトンw

------------------
エムブロ!バトン倉庫
http://mblg.tv/btn/view?id=39198
------------------

テーマ : バトン - ジャンル : 日記

15:55  |  バトンシリーズ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://spispars.blog4.fc2.com/tb.php/492-bab31489
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。